2013年3月 9日 (土)

byobu-5.21でbindkeyが設定できなくなったのを対処

do-release-upgrade して ubuntu 12.10 になってからだと思うのですが、byobuのbindkeyがおかしくなってしまいました。byobu-configで Ctrl-Z を何度設定ても駄目。
試行錯誤の内、以下のようにしたらとりあえず直りました。

% vi ~/.local/share/byobu/keybindings.tmux

して

set -g prefix F12

set -g prefix C-z

に変更。本来なら byobu-config で bindkey 変えるとここが変わるはずなんだろうか? よくわかりません。とりあえず直ったのでよしとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ubuntu に VMwareTools をインストール

詳細はあとで書くとして、とりあえずメモだけ。

# cd /usr/src/linux-headers-2.6.38-10-generic/include/linux
# vi version.h
+#define UTS_RELEASE "2.6.38-10-generic"
# -s ../generated/autoconf.h .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

VMware server on Windows7 64bit

NATの設定.

  1. ワイヤレスネットワーク接続 (or ローカルエリア接続) のプロパティ→共有タブ
    • 「ネットワークのほかのユーザに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する」をチェック
    • ホームネットワーク接続で「VMware Network Adapter VMnet8」を選択.
    • OKすると「インターエット接続の共有を有効にすると、…インターネット接続の共有を有効にしますか?」という長いメッセージが表示される.「はい」を選択.
  2. vmnetcfg.exeを管理者権限で実行→Host Virtual Network Mappingタブ
    • VMnet8の右にある「>」ボタンをクリック→Subnet→IP Address: 192.168.137.0
    • 同上→NAT→Gateway IP address: 192.168.137.1
  3. Guest OSで「sudo dhclient」など実行.

だいたいこんな感じ.色々試行錯誤したから抜けがあるかも.
途中,vmnetcfg→NATタブ→NAT service→Restart とかしましたが,必要か不明….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

xdviで日本語がトウフになる

vfontmapを変更する.

% sudo vi /etc/texmf/vfontmap.d/20xdvik-ja.map

@serif@
/usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-mincho.ttf
        rml  JIS-H      % ASCII pTeX
        rmlv JIS-V      % ASCII pTeX
        dm   JIS-H      % NTT jTeX

@sansserif@
/usr/share/fonts/truetype/ttf-japanese-gothic.ttf
        gbm  JIS-H      % ASCII pTeX
        gbmv JIS-V      % ASCII pTeX
        dg   JIS-H      % NTT jTeX

/usr/share/fonts...の行を追加する.その後

% sudo update-vfontmap

とすれば表示できるようになる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

Samba over SSH (Windows 7/Vista)

Windows XPでやってたような方法ではできないのです.でもGoogle先生に助けてもらって,

このページに辿り着き解決.以下めも.

  1. Microsoft Loopback Adapterを追加
    • デバイスの追加は,Win+Rで hdwwiz を起動
    • TCP/IPv4のみ有効にする
    • NetBIOS over TCP/IP を無効にする (TCP/IPv4のプロパティ>詳細設定>WINS)
  2. SMBドライバの設定
    管理者権限でコマンドプロンプトを起動
    % sc config smb start= demand
    %  netsh interface portproxy add v4tov4 listenaddress=10.255.255.1 listenport=445 connectaddress=10.255.255.1 connectport=44445
    10.255.255.1はLoopback Adapterに設定したIPアドレス
    % netsh interface portproxy show v4tov4
    とすると,設定を確認できる
  3. タスクスケジューラに
    • 任意のユーザーのログオン時
    • c:\windows\system32\net.exe start smb
    • AC電源じゃないときも起動
    という感じで登録.
  4. 再起動して確認
    %  sc query smb
    →RUNNINGになってるか? なってなければ2で失敗してる.
    % netstat -an | find ":445 "
      TCP    10.255.255.1:445    0.0.0.0:0       LISTENING
    0.0.0.0:445とかになってる場合は 1 で失敗してる.
  5. PuTTyでport forwardingの設定
    • 源ポート: 10.255.255.1:44445.
    • 送り先:smbserver:445 (smbserverはSSH接続先から見えるsmbサーバ)

以上.色々試行錯誤しただけに繋がると感動.

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

terminfoの編集

less や vi の表示の残骸を終了後にも残すには.

% infocmp >terminfo.dump
% vi terminfo.dump

smcupとrmcupの記述を消す

% tic terminfo.dump

.~/.terminfo以下に保存される.

参考:どさにっきクラウド ~2009年1月上旬~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

sevilwmとHHK

キーボードonlyで使えちゃうウィンドウマネージャ sevilwm がやっぱり一番手に馴染む気がして KDE から乗り換え.したら,| と\,`と ~が入力できない.キーボードはHHK 英語配列.

xevでキーコード確認.

% xev
(中略)
KeyRelease event, serial 27, synthetic NO, window 0x1000001,
root 0x1a7, subw 0x0, time 43169247, (10,152), root:(144,877),
state 0x0, keycode 51 (keysym 0x0, NoSymbol), same_screen YES,
XLookupString gives 0 bytes:
XFilterEvent returns: False

KeyPress event, serial 27, synthetic NO, window 0x1000001,
root 0x1a7, subw 0x0, time 43171775, (10,152), root:(144,877),
state 0x0, keycode 49 (keysym 0xff2a, Zenkaku_Hankaku), same_screen YES,
XLookupString gives 0 bytes:
XmbLookupString gives 0 bytes:
XFilterEvent returns: False

なんかする度(マウスクリックとか)に出力あるのでもっと沢山出るけど,判別はつくはず.先が "\",後が"`".それぞれキーコードは 51,49 とわかったので
% vi .Xmodmap
keycode 51 = backslash bar
keycode 49 = grave asciitilde
% xmodmap .Xmodmap
で完了 (homeにおいた).あとは,~/.xinitrc とかに
if [ -f $HOME/.Xmodmap ]; then
/usr/bin/xmodmap $HOME/.Xmodmap
fi
書いて完了.(最後動作確認してないので合ってるか不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

Namazu導入

メールの全文検索をやりたくなったので.

インストール.

# apt-get install libnkf-perl libkakasi2-dev libtext-kakasi-perl
# apt-get install namazu2 namazu2-index-tools

index作成
% mkdir /home/salt/index
% mknmz -a -O /home/salt/index /home/salt/Maildir
LANG=ja_JP.UTF-8なので出力メッセーじ(eucjp)が化けるが気にしない.まぁ端末の文字コード変えれば問題なし.
個人用のindexてどこに置くのが普通なんだろう? home直下にindexてちょっと微妙

設定ファイルコピィ.

% cp /etc/namazu/namazurc ~/.namazurc
% vi ~/.namazurc
+ Index /home/salt/index
と,indexの場所設定.

検索用のらっぱを作る.(LANGがutf-8なので)

#!/bin/bash
/usr/bin/namazu `echo $1|nkf -e` $2 | nkf -w
検索するときはこっちを実行.wnamazuにしたなら,
% ./wnamazu 'おはよう'
とか.

crontab -e してindex自動更新を設定したりして終わり.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

no protocol specified

まとめると,

  • suxはscreenの中からはできない
  • no protocol specifiedはsuしたときのXアプリ起動に失敗してる
という話.後者のメッセジに関してはこの意味じゃないときもあるだろうけど.

カーネルが変わって初起動,VMware@Ubuntu.
起動時にパスワード聞かれて「あぁ,そういえばコンパイルとかすんのか」と思いつつ入力…したら落ちる.あれ?

よくわからないので,xtermから起動

no protocol specified
インストーラも起動してみるが同じ….うーん.

悩んだ挙句にどうも,suするときにDISPLAYが転送できてないよって話っぽい.

% sudo apt-get install sux
% sux
xauth: creating new authority file /tmp/.XXXXX
パスワード:
# vmplayer
あれ?同じ?試しに
# xeyes
No protocol specified
Error: Can't open display: :0.0
あれ駄目じゃん.まさかと思って,もう一個xterm起動.
% sux

# xeyes
できた! screen のせいだったらしい.
# vmplayer
無事再コンパイル完了.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

svn-diff.vim

さまよってる内に svn-diff.vim という素敵ツールを発見.svn ci のときに svn diff の結果を表示してくれる.

こっからダウンロードして,~/.vim/ftpluginへ.

% cd ~/.vim/ftplugin
% wget 'http://www.vim.org/scripts/download_script.php?src_id=3853' -O svn.vim
しかし上手く動かない…と思ってぐぐってみたところ,patch発見
% diff svn.vim.orig svn.vim
44c44
< exe 'normal :r!LANG=C svn diff ' . list_of_files . "\n"
---
> exe 'normal :r!LANG=C svn diff ' . list_of_files . "\n\<CR>"
リンク元とちょっと変えてます.環境が違うせいかな?
Vim 7.2, Ubuntu 9.04, svn-diff.vim は 0.5.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウィンドウマネージャを sevilwm に変更