CentOS

2008年12月30日 (火)

resolv.confが書き替わるのを防ぐ

DHCPサーバ: ルータ,内部向けDNSサーバ:CentOS,にしたら,resolv.confが勝手に書き変わってしまう.
割と簡単に解決した.

CentOS

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
PEERDNS=no

Ubuntu

# vi /etc/dhcp3/dhclient.conf
request subnet-mask, broadcast-address, time-offset, routers,
domain-name, domain-name-servers, domain-search, host-name,
host-name,

…でいいのかしら.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

ntpd

どうも ntpd がちゃんと走ってないよう.と思って,ちょっと調べる.

ntpd は大幅な時刻のズレがあると正常に動作しません。ntpd を起動するときは、NTP クライアントである ntpdate コマンドを使用して、事前に時刻同期を行っておきます。

Turbolinux 11 Server: ユーザーガイド>14.4. ntpd の起動と動作確認」より.なるほど,そういうことですか.

どういう風にするのが正しいのかよくわからないけど,とりあえず

# crontab -e
@reboot /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp; /etc/init.d/ntpd start

としてみました.
まぁ,言われた通りです.ブート時に ntpdate してから ntpd を起動.

あれ? でも VMwareのゲストOSの時計が合わないのって,VMware tools で解決すると聞いたことがあったような.ちょっとぐぐったところ,

tools.syncTime = "TRUE"

だそうです.したら,ntpdは不要かも.まぁいいか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CentOS | Python | trac | Ubuntu | vim | VMware